ゴロリのステキな日々

私ゴロリの気になったことや知りたいことを調査して更新!

健康

鬱かもって思ったら|抜け出す方法と眠れないときの対処の仕方

最近増えていると言われる鬱病
まだ自分は大丈夫と思いながら、もしかしたら鬱かもしれない
そんな風に思いながら生活している人って、とても多いようです。

若い人もそうですが、年を取ってくると増えているように思います。
もしかしたら、私の周りがそうだから
そのように思っているだけかもしれませんが・・・

そんな時に抜け出す方法と対処の仕方について

スポンサードリンク
  

鬱かもって思ったら

私流の対処法だと思ってください。

私もそういう時期がありましたし、友達が何人か同じような症状になっていました。
完全に鬱と言う病名が付いたわけではありませんが
何が不安か分からないことに不安を感じたり
夜に眠れないという症状が出たり
ボーっとする時間が増えたり
まぁ症状は色々あるんだと思います。

私の個人的な話になりますが、私が助かったのは周りの人のお陰です。
とにかく不安になって、どうしようもないという状況が続きました。
話を聞いてほしい時に、
聞いてくれる人がいたというのが本当にありがたかったですね。

周りのサポートが、本当にありがたいもので
今でも、感謝の気持ちをもって接していますし
彼らに、何かあればできる限りのサポートを私もしたいと思っています。

だから、誰かとにかく話を聞いてくれる人を探してみてください。
こんな話は、親にはしたくないとか兄弟にはちょっとできないなぁ
と思っている場合でも、とにかく話ができるだけで気分が変わります。

ここで、もしも逆に鬱かもなぁと思う知り合いが周りにいる方がいるなら
話を聞いてあげてください。
本当に同じような話を毎日毎日してくると思いますが、それでも聞いてあげて下さい。
私もホント半年から1年くらいは、同じようなことを聞いてもらっていましたから

私の場合には、本当に運が良かったですね。
そういう知り合いが、何人か周りにいましたし
おそらく毎日同じようなことをって思いながらでも
文句も言わずに、話を聞いてくれましたから

このまま、鬱かもしれないという症状から深く鬱になっていく人は
話を聞いてくれる相手がいないと思い込んでいる場合があります。
何人か私の知り合いでもいますが、おそらくそのままだと
本当に鬱の状態に入って行ってしまっていたと思います。

いつもそのまま鬱になって行く人にある共通点があります。
それは
●・・・でなければならない
●・・・が常識!!
●・・・は絶対にダメ!
こう言った、自分の物差しですべてを決めてしまって
自分の常識から外れたことは、いけないことだと決めつけてしまってる人ですね。

本当に真面目だなぁと思う反面
融通が利かないなんて言われることがあると思いますが
こういう人が多いように思います。

いつもなら融通が利く人なのにと言う人でも鬱かもってなっている人は
『・・・でなければならない』という感情が強くなっているように思います。

私が、そういう人にいつもアドバイスを送るのは
『・・・でなければならない』という感情が出てきたら
時間が経ってからでも、どうしてそう思ってるのだろう?
と深く考えてみると良いよと言ってます。

本当なら、『・・・でなければならない』と言う感情が
出なくなるようにと言うところが目的地ではありますが
いきなりそこまで行くことは無理だと思いますから
まずは、『・・・でなければならない』と思っているところに気が付くことですね。

自分は『・・・でなければならない』と思っているけど
他の人は、そうは思ってないって場合もありますし
自分は自分 人は人ですから

自分の基準に他人を当てはめないこと

他人が自分の『・・・でなければならない』という気持ち通り
動いてくれるはずがありませんよね。

『・・・でなければならない』という感情が出てきたら
まずは、それに自分が気づいてあげること
これも考えていれば、ある程度したらパッと出てきた時に気が付くようになります。

気が付けるようになったら、その次はどうしたら良いか考えてみる。
私は『・・・でなければならない』と思うけど
この人は、違った考えを持ってるということを自分に落とし込むこと
そして、その考えも尊重してあげることができれば
鬱かもと言う状態から抜け出せるとはずです。

もちろん、簡単なことではありません。
私も今は大丈夫ですが、かなり長いことかかりましたし
友達数人も本当に長い間苦しんでいました。

『・・・でなければならない』という気持ちは
もちろん育ってきた環境でそういう状態になっているわけで
生まれてから今まで生きてきた中で出来上がったその人の常識です。
そこを根本から覆すわけですから、簡単なわけないですよね。

スポンサードリンク

鬱から抜け出す方法

鬱から抜け出す方法として、ここまでにも説明してきたのですが
具体的なところではなく、どちらかと言えば抽象的な表現でしたので
ここからは、もう少し具体的にお話ししたいと思います。

鬱かもと言う状況になってくると
日々、同じ状況の人たちを無意識に探してしまう傾向があります。
例えば、インターネットを開いてネットサーフィンをしても
悪いニュースや良くない表現・人間の汚い部分を描いたサイトを閲覧しがちになります。

本能的に、そういったものを探して
自分と同じ状況の人を見て自分を納得させたいという気持ちが出てくるため
だと思いますが、これはあまりよくありません。

どうしても、そういったところにフォーカスしがちになってしまいます。

鬱から抜け出したいと思っているなら
ココにも気が付いた方が良いと思います。
ずるずると同じ状況の人を見て安心していると
そのまま抜け出せなくなってしまいます。

最近では、ニュースやワイドショーもしくは週刊誌もそうですが
どちらかと言えば、世の中の問題や悪いニュースを紹介している傾向が強いため
そちら側に意識が引っ張ってしまわれがちになります。

私も、友達の場合もそうですが
そういう時には、意識的にニュースやワイドショーなどの情報を
入れないように気を付けることも大切なことです。

それによりも読書することをおすすめします。
楽しい話の小説でもいいですし
ビジネス本でもいいと思います。
後は、人生の経験者のエッセイなんかも楽しめると思います。

インターネットやニュースからの情報収集をやめて
本からの情報収集に変えてみること
これが鬱から抜け出す方法としてはポイントになってきます。

鬱になって眠れない

鬱状態になると、頭の中で考えがグルグル回ります。
こういう状態になると、眠れないという状況になったり
ボーッとする時間が増えたりします。

こういう時におすすめなのが、瞑想です。

最近では、有名人の中でも瞑想がブームのようになっていたりしますし
色々な形の瞑想がありますが
鬱症状があるという場合には、まず脳を休息させる時間を作ることが目的となります。

瞑想の話になると呼吸のリズムがどうだとか
4秒間息を吸ってとか
色々な人の色々なやり方があるわけですが
そんなこと考えなくてもいいと思います。

状態は、瞑想と言えば座禅をしてとか思うかもしれませんが
寝たままでOKです。
仰向けがベスト

1.できるだけゆっくりと息を吸って
2.できるだけゆっくりと息を吐いて
3.これを3分くらい続けます
4.あとは自分のペースで呼吸に意識を置いて吸って吐いてを繰り返すだけです。

ポイント
1と2を時間も計る必要もありませんが3分くらい(これも適当です)
もっと長くても良いし、短くても良いしと言った感じで繰り返します。
その時に注意することは、妄想を見つけたら呼吸に意識を集中することです。

人間は、誰でもそうですが今までの経験から物事を決めています。
眠る時には、今日あったことを考えていたり
悩みがある時には、そのことをあれやこれやと考えていることが多くなります。

知らない間に、自分の頭の中で前あった経験と重ね合わせて決めたり
ですから、過去に意識が飛んでしまっていたり
未来に意識が行っていたりと時間を超えて頭の中で解釈するようになっています。

脳は、本当に忙しいんですね。
瞑想の役割は、脳を休ませてあげること
ですから、呼吸以外に意識が飛んだ場合には
もう一度呼吸に意識を戻して吸ったり吐いたり繰り返すようにしてみてください。
そして、あまりにも苦しくなって来たら、仰向けから横向きになったり
好きな体勢になっても問題ありません。

これを繰り返すことです。

まとめ

鬱かもと思ったら、まず『・・・でなければならない』という感情を見つけて
それを、解放して上げる必要があります。
そうでないと、同じことの繰り返しになり鬱の症状がひどくなってしまいます。

『・・・でなければならない』という感情は
若いころの方が強い傾向があるように思います。
こういう感情を、解放していくことが大人になるってことなのかなぁって
最近思ったりしています。

どうでしょうか?
昔は許せなかったことが、今なら許せるということもあるのでは?
どうして、あれが許せなかったのか?
それが、今では理由がわからないということもあると思いますが
『・・・でなければならない』という感情が、
それを起こしていることが多いように思いますよ。

スポンサードリンク

-健康
-