ゴロリのステキな日々

私ゴロリの気になったことや知りたいことを調査して更新!

健康

バリウム検査と胃カメラはどっちがいい?違いとスキルス胃がんのお話

健康診断が初めての人や毎年毎年、バリウム検査をしている人
そして、いつもバリウム検査で二次検査してくださいと結果が来る人は
カメラにしておいた方が良いかな?
なんて思う人も多いのではないでしょうか。

バリウム検査と胃カメラはどっちがいいのかってなかなか素人には判断できません。
検査ごとの違いについてとスキルス胃がんについてのお話をまとめました。

スポンサードリンク
  

バリウム検査と胃カメラはどっちがいい?

バリウム検査と胃カメラはどっちがいい?

私も毎年、健康診断をしなくてはいけないお年頃になってきまして
ここ数年、ずっとバリウムの方で検査をしてきました。
ただ、今年だけは胃カメラをしたのですが、これがホント苦しいですね。

検診では、各施設によってバリウムを胃カメラに変更出来るところもあります。
値段は、上がるところと同額でやってくれるところとあるみたいで
最近では、胃カメラの方を値段を上げようと言う施設の方が多い傾向です。

バリウム検査と胃カメラはどっちがいい?
この質問には、ストレートな解答が用意できそうにありません。
理由は、人それぞれというところがあるから

ただ、消化器内科のお医者さんに聞くと多くの人は
『胃カメラ』と答える人が多いようです。

バリウム検査で要精査と二次検査を受けてくださいと言われる場合には
二次検査は、胃カメラになりますし
最初から胃カメラにしておけばいいのにと言う意見の方も多くいます。

ただ、そうできない理由がいくつかあります。
胃カメラは、やはり口から異物を入れていく検査なのでかなり苦しい検査となります。
場合によっては、眠らせてもらってから胃カメラをする場合もありますが
苦しくてどうしても、胃カメラはやりたくないという人もいるということ

そして、胃カメラに使われているカメラですが
もちろん相当高額なものみたいで、使い捨てにできるわけもなく
滅菌消毒して次の人に使うという感じですので、感染症のリスクも0ではないこと

最後に検査を担当するのが医師でないといけないというのが一番のネック
バリウム検査なら、放射線技師が担当しているところが多いのですが
すべての健康診断を消化器内科専門のお医者さんが、
胃カメラをするというのは無理があります。

このような理由から、胃カメラに完全移行というのは
現実的に難しい側面があります。
ですから、ある程度バリウムの検査でふるいにかけて
癌の可能性がありそうな人だけを胃カメラで精査するという感じになっているようです。

バリウムに関しても、どうしてもバリウムを飲みたくないと言う人
それ以前に、バリウムでアレルギーが出た人
発泡剤といって胃を膨らませるお薬が苦手な人
早くバリウムを出すように言われても、なかなか排便できない人
被爆するにはリスキーだと考えている人
このような人は、バリウムで検査したくないと言う場合が多いです。

しかし、やはりバリウム検査そして胃カメラどちらも経験してみないとわかりません。

私の場合には、今まではバリウム検査をしてきたのですが
去年、胃ではなく食道の方に憩室がありますよと検診で言われていたのですが
調べてみても、憩室があっても症状がなければ問題ないということで
今年は、その憩室を見てもらいたくて、胃カメラに変更したという流れがあります。

そちらは、問題なしだったので良かったのですが
何より胃カメラが苦しくて苦しくて
来年からは、やっぱりバリウム検査にしておこうと思っています。

スポンサードリンク

バリウム検査と胃カメラの違いは?

バリウム検査と胃カメラの違いについて

バリウム検査

X線を使って胃の形状を見る検査で
通常の場合、胃はX線で見ることができないので
胃の内側に飲んでバリウムを入れ、バリウムを胃の壁に付着させて
胃の壁の形を見ていきます。

発泡剤を使って胃を膨らませることで、X線が通過しやすい空気も使い
バリウムと空気をうまく利用して胃の粘膜を見ています。

この検査の前に、食事をしてしまうと
食事したものが影になり胃のひだ情報がつかめにくい状態になったりするため
検査前は、絶食
以前は、胃の動きを止める薬を筋肉注射してから行う施設が多かったのですが
そもそも、健康診断で副作用の可能性のある薬を注射するのはいかがなものか?
ということもあり、最近では注射はしない方針のところが多いように思います。

胃カメラ

胃カメラは、鼻や口からカメラを食道・胃・十二指腸くらいまで進めて
内側から直接状態が観察できる検査です。

お酒を飲んで苦しくて吐く時に、喉の奥の方を触る人がいますが
あの状況を想像してみればわかると思いますが
やってみて、やっぱり苦しかったです。

口からの胃カメラ
鼻からの胃カメラと両方経験していますが
どうしても、やらなきゃいけないとなったら
何としても鼻からのものでお願いしたいところ

ただ、鼻からの胃カメラのほうが細いがために制限されている機能もあるんだとか
視野の広さなどなど

スキルス胃がんはバリウムと胃カメラどっちがいい?

どうしても私も気になったので
バリウム検査を担当してくださった放射線技師さんに聞いたのですが
その技師さんも、バリウムで毎年検査されているとのこと

理由は、カメラがやっぱり苦しいからみたいです。


そして、スキルス胃がんのお話もしてくださりました。
一般的に精度は胃カメラのほうが病変は見つけやすいと言われていますが
粘膜の中に出来るスキルス胃がんのような病変に関しては
バリウム検査の方が有利な場合もあるとのこと

胃カメラは内側から見ていくわけですから
胃の壁の表面は見ることができますが、内側は見ることができません
対して、バリウムの場合にはスキルスみたいになっていると
通常の柔らかい胃の壁の線が、直線化してくるとのこと

まとめ

私の場合には、総合的に見ても
胃カメラの苦しさが忘れられませんのでバリウムがいいと思っています。

さてさて、この記事を読んでくださったあなたはいかがでしょうか?
一般的に胃カメラのほうが精度がいいと言われていますが
どうやら、苦手な病変があるということもわかりました。

バリウム検査・胃カメラともに
良いところと悪いところがあるんですね。
総合的に、あなたがここがポイントと思うところを
比較して決めてみると良いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

-健康
-