ゴロリの日記

日々気になることを調べて更新。

健康

インフルエンザを子供に移さない|家族間での予防対策と発症の期間

インフルエンザを子供に移さないようにするにはどうするのだろう
家族間での予防は、みんなどうしてるの?
どのくらい発症しなければ大丈夫なのか?
つまりは、発症までの期間などが気になるものです。

仕事はあるものの通常の大人の場合には
やっぱり体力的に落ちて苦しいものの
薬をもらえば気合で乗り切れるものなのですが
小さな子供は、そうはいきません。

大人よりも熱に対する抵抗力が弱く
いつも無邪気に遊んでいるところを見ていると
高熱が出ている時のしんどそうな顔というのは
見てられないところがあります。

それに、子供がインフルエンザになると
そのまま仕事をお休み延長しなくてはいけない状況も考えられますし
何とか家族間での感染というものを防ぎたいですね。

スポンサードリンク
  

インフルエンザを子供に移さない

インフルエンザを子供に移さないように
なんて思ってみるものの
小さな子供と接さずにというのは、かなり難しいところがあります。

お父さんの場合には、別部屋に完全に隔離されることになると思いますが
お母さんの場合が、本当に難しいものです。

親からすれば、子供に移したくないから
なるべく子供と接することがないように気を付けようと思っていますが
子供は、そんなこと関係なくお母さんに引っ付いてくるものです。

近くに祖父母がいる場合には
そこに頼れるなら頼りたいところですし
お父さんが、仕事が早い時には
お母さんが別部屋に隔離という状況も作ることができます。

ご飯を食べる時にも別部屋
寝るのも別部屋です。
寂しいところはありますが、これが一番
インフルエンザを子供に移さない工夫となります。

インフルエンザで家族間の予防対策

インフルエンザで家族間の予防対策ですが
インフルエンザで考えないといけないのは
まず、飛沫感染ですから
感染者がマスクをすることが効果的となります。

もちろん、非感染者もすれば良いのですが・・・
それよりも感染者がマスクすることが一番大事

そしてインフルエンザのウイルスは、
乾燥している時に特に広がりやすくなります。
ですから、加湿して湿度を高く保つことも効果的
湿度は、50パーセントくらいを目安に考えておくことです。

それよりも高くなると結露やカビの原因となることもありますから
高すぎるのも考え物です。

あとは、どうしても家族ということで場所も限られていますから
接触感染や・空気感染に対する予防も必要です。

感染者と接触した場合には
手洗い・うがいを忘れずにすることも気を付けましょう。

ただ、やはり可能であれば
なるべく接触しないように隔離するというのが
移さないためには、重要となります。

スポンサードリンク

インフルエンザの発症の期間

いつまで感染がなければ大丈夫なのだろう?
このようにインフルエンザの発症の期間も気になるものです。

まずインフルエンザは、潜伏期間から移る可能性はあります。
ウイルスは、体内に入ってから24~72時間で最も数が増えて活発化します。

そして症状が落ち着いてからも感染のリスクはあり
一般的に言われるのは発症してから5日間過ぎ
または
解熱後2日後になれば
ある程度、インフルエンザウイルスの数も減っているため
感染のリスクは少なくなると言われています。

どれくらいの期間大丈夫だったら発症してない?
このように聞かれることが多いのですが
インフルエンザに罹った家族が発熱してから6日
解熱後3日経った時点で症状が何もなければ大丈夫と安心しても良さそうです。

まとめ

親がインフルエンザに罹ると本当に困りものです。
子供に移したくないものの
お買い物や洗濯、そしてご飯の用意などなど
どうしても、動かなくてはならない場面って多いんですよね。

そんな時にも何とかして移さない工夫ということで
今回ご紹介したマスク・湿度を高く保つこと
うがい・手洗い
そして、別部屋で過ごすということ
これらをうまく組み合わせて乗り切ってください。

スポンサードリンク

-健康
-