ゴロリの日記

日々気になることを調べて更新。

行事

七五三で女の子3歳っていつ?数え年と万年齢のメリット・デメリット

女の子の成長って早いものですね。
特に小さい間は、お母さんが子供の傍にいるという場合が多いですし
近くにいればいるほど、何かイベントがあったときに大きくなったなと節目で感じるものです。

2歳を過ぎてくると
『あれ?七五三って数え年でやるんだっけ?それとも満年齢でやるんだっけ?』
なんて、頭をよぎる人や知り合いの方や親類に言われてやらなきゃなぁなんて場合もあり
そもそも女の子はいつやるの?
という疑問や数え年や満年齢についてのお話も是非参考にしてください。

スポンサードリンク
  

1七五三で女の子3歳っていつ?

七五三は、日程は11月15日でそもそも始まりは古くは陰暦11月の吉日に行っていましたが、
七・五・三を全て足した数に吉があるということで15日となっているそうです。

昔は数え年でお祝いすることが多かったですが、
最近は満年齢でお祝いすることも多い傾向です。
神社に問い合わせても、どちらでも良いという回答が帰って来る場合もあり
結局のところ両親や親族が納得するところが良いのだろうと思います。

ちなみに

3歳は男の子・女の子  髪置の儀(かみおき)

これまで無事に成長してくれたことに対してのお祝いや、
もう赤ちゃんではないと言う意味から
ここまで剃ってきた髪の毛をこの日から伸ばし始めるという儀式の事

5歳は男の子  袴着の儀(はかまぎ)

昔は5歳から袴を身に着けたということで、それをお祝いし、今後の成長を祈願する儀式

7歳は女の子  帯解の儀(おびとき)

昔は7歳になるまではひも付きの着物を着ていたものが
大人の仲間入りをするため腰紐で着付けを始めることに対するお祝いです。

2七五三で女の子の数え年メリット・デメリット

数え年:3歳
満年齢:2歳

初めての七五三、子供さんの成長本当にうれしいですよね。
昔は、数え年でお祝いすることが多かったようですが、今では数が減ってきています。
女の子は特にまだまだ小さなこの時期からお喋りが上手な子が多いように思います。

髪置の儀ということを考えると、そもそも数え年でお祝いするという方が本筋です。
そこを、重視されるという場合は数え年でお祝いすることをお勧めします。

スポンサードリンク

数え年でお祝いするメリット

小さい分、子供さんのあどけない表情を残せます。
もしも写真撮影で機嫌が悪くて結局良い笑顔の写真が残せなかった
という場合でも『あの時は、機嫌が悪くてね~』と後々良い思い出になります。

数え年でお祝いするデメリット

お参りや写真撮影の時に子供さんの機嫌に左右される部分が大きい。

3七五三で女の子の満年齢メリット・デメリット

数え年:4歳
満年齢:3歳

昔の考え方からすると間違い!非常識なんて言われる祖父母もいらっしゃると思います。
ですから、後で関係が悪くならないよう先に『七五三って数え年・満年齢どっちでやるの?』
このように探りを入れておくのも良いかもしれません。

満年齢でお祝いするメリット

少し大きくなった分聞き分けも良くなり写真撮影やお参りの時に
機嫌に左右される部分が少なくなり親もやりやすい
赤ちゃんというよりもお姉ちゃんという表情を残したい場合は、こちらがおすすめです。

写真撮影に関して言えば
9月・10月に先に終わらせておいた方が値段を安くできる写真屋さんが多いこと

満年齢でお祝いするデメリット

少し大きくなっているので
あどけない表情を残すということに関していえば数え年でという方が良いかも

まとめ

私の子供は、満年齢でお祝いしました。
やっぱり写真に残った子供の姿は、すっかりお姉さん気取りといった感じです。
数え年でお祝いする場合は、こうはならなかったと思います。

ただ昔からの考えを重んじるという人がいるのもまた事実ですし
こう言った子供さんの行事ごとというのは、
おじいちゃん・おばあちゃんも口を出したいという人も多く
ご両親は満年齢でお祝いしたいけど・・・という人がいるのも事実です。

そういう場合は、数え年も満年齢も両方するという方もいらっしゃいますし
私がすごいと思ったのは、
男の子・女の子関係なしに数え年も満年齢も両方とも計6年するという方もいらっしゃいました。
こうして見てみると、現代の七五三というのは少しずつ昔と変わってきているのかもしれないですね。

子供さんのため
親御さんやおじいちゃん・おばあちゃん、そしてご親族の方々皆さんで成長を祝ってあげてくださいね。

スポンサードリンク

-行事
-