ゴロリのステキな日々

私ゴロリの気になったことや知りたいことを調査して更新!

健康

インフルエンザがうつるのはいつまで?解熱後2日それとも発症から5日目

インフルエンザが治りかけてくると
・職場に行っても大丈夫なものか?
・どうしても子供にうつしたくない
・家族にもうつしたくない
・友達との約束があるものの
このような場合に気になるのが『うつるのはいつまで?』
ですよね。

よく解熱後2日とか発症から5日目
このように言われますが
この情報って、結局どこからきてどこまで正確なのでしょうか?

スポンサードリンク
  

インフルエンザがうつるのはいつまで?

インフルエンザがうつるのはいつまで?
よく言われるのは
『解熱後2日まで』というものと
『発症から5日目まで』というもの

学生であれば学校の決まりで
社会人であれば会社での決まりで
どちらかを参考にして決められていることって多いですね。

ということは、おそらくそのくらいまでは
うつりやすいということだろうということが
想像できると思いますが、安心できませんよね。

学校保健安全法に定められたガイドラインで
発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで
このように決められています。

インフルエンザで解熱後2日

解熱後2日と言われていますが
保育所や幼稚園の場合には解熱後3日経過するまでとなっています。

では、解熱後2日経てばうつらないのか?
うつる可能性で言えば、症状が完全に消えても0ではないということ
ココがポイントです。

咳などの症状があるのなら特にですが
学校や会社でうつさなにように
そして、家でもうつさないように
このように思っているなら、治ったと思っても
マスクはしばらく必須です。

解熱後2日経てばリスクは少なくなりますが
うつる可能性が0になったというわけではありません。

インフルエンザ発症から5日目

インフルエンザ発症から5日目
こちらに関しては、発症とはいつからなのか?
というのが、まず疑問として上がると思いますが
これは、発熱と捉えれて問題ありません。

つまりは、インフルエンザによって発熱してから5日目
ということになります。

スポンサードリンク

まとめ

インフルエンザの蔓延を防ぐために
発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで
このように定められています。

インフルエンザに罹ったと分かった場合には
対策を取ることはできるのですが
厄介なのは、潜伏期間にも感染のリスクがあるということです。

インフルエンザの潜伏期間は、通常1~3日
型によっては、一週間くらいのものもあります。
その間も、感染させてしまうリスクはあるため
インフルエンザが流行している時期には、
特にマスクくらいはつけておきたいものです。

外出中はマスクを着けて出かけるという人も
家では、マスクを着けていないという人も多く
家族間の健康を考えれば、家でもできるだけマスク着用
これが、家族でうつしあわない為の対策となります。

インフルエンザで一家全滅ということを
私も数年前に経験しまして
本当にしんどい思いをしましたので、そんなことにはなりませんように

そろそろ、インフルエンザに罹る人が出てくる時期ですね。
私の知り合いも、すでに検査で陽性反応が出ているという人がいますし
マスクそしてうがいと手洗いをしっかりして
今シーズンを乗り切りたいものです。

スポンサードリンク

-健康
-