ゴロリの日記

日々気になることを調べて更新。

ひな祭り

ひな祭りの食べ物|ちらし寿司やはまぐりを食べる理由や由来とは

娘さんのお節句おめでとうございます。
女の子は、おしゃべりが好きでいっぱい話をしてくれたり
男の子と比べて幼さから抜け出すのが早いように思います。

お母さんのお化粧をちょっと拝借して自分で化粧のまねごとをしたり
お父さんは、おしゃべりで上から話しをされたり
ちょっと年齢よりも背伸びをして大人っぽさをアピールと言いますか
そういったところが親から見れば本当に可愛らしく思います。

毎年やってくる女の子のイベントがひな祭り
この日は、女の子の日と言うことで
食べ物は何にしようか悩みますね。

よく言われるのがちらし寿司やはまぐりのお吸い物ですが
さてさてそこにはどんな理由や由来があるのでしょうか?

スポンサードリンク
  

ひな祭りの食べ物

ひな祭りの食べ物ですが、もちろん地方によって違う所もありますが
よく言われる食べ物からご紹介したいと思います。

●お寿司
ちらし寿司・てまり寿司・押しずし

●はまぐりのお吸い物

●お菓子
ひなあられ・餅菓子

●もち
桜餅・草餅・菱餅

これらが多いですので
多くの家庭で食べられるものはちらし寿司とはまぐりのお吸い物となっています。
これだけでは、寂しいという旦那さんがいる場合には
揚げ物を追加と言うところも多いようです。

昔からこれらが食べられるのには
やはり理由や由来が関係してくるわけです。
ここからは、それらについてお話したいと思います。

スポンサードリンク

ひな祭りにちらし寿司を食べる理由は?

ひな祭りにちらし寿司を食べる理由を知る前に
そもそもひな祭りとは、女の子の幸せで健やかな成長を祈るお節句です。

ちらし寿司は、たくさんの具材を使うことで成長しても食べ物に困らないように
という願いがあり
その中でも腰の曲がったエビは、長寿の象徴としての意味があります。

てまり寿司についてですが、
これは小さなお子さんでも食べやすいようにと言うことだと考えています。
具材を使ってお祝いをするなら彩を豊富にしてエビを使ってはどうでしょうか?
きっと喜んでもらえると思います。

ひな祭りに食べるはまぐりの由来は?

はまぐりは、二枚貝です。
二枚貝は、他のものとは合わないのに
同じものならピッタリと合いますよね。

これは、幸せな結婚をしてほしいという願いがあります。
今は、女性でもバリバリと働くキャリアウーマンもいるわけですが
昔から日本では、幸せな結婚を願う親はやっぱり多いものですよね。

はまぐり料理の中でもちらし寿司と合わせるには
やっぱりお吸い物が一番ではないでしょうか?

そして、はまぐりのお吸い物を作ろうと思っているなら
縁起物である二枚貝は、そのままで食卓に並べてあげてください。
わざわざ、貝殻なしにすると言うのもありますが
やはり縁起ものですから

はまぐりを使った他の料理を少し紹介しようと思います。
●はまぐりの酒蒸し
●はまぐりの蒸し焼き
●はまぐりのシチュー
●はまぐりのパスタ
●はまぐりのニンニクバター焼き
●はまぐりの炊き込みご飯
などなど

たくさんありますが、やっぱりちらし寿司と合わせるとなると
お吸い物が一番なのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
やっぱりひな祭りの主役は娘さん
と言うことで、娘さんが喜ぶものが一番

そこに、縁起を担いで一品・二品と言うスタンスが良いのかもしれませんね。
お寿司が嫌いなお子さんもいらっしゃるでしょうし
どうしてもお寿司でないといけないということもありません。

ひな祭りの定番の食べ物と言うものがご家庭でできれば
来年からは、悩まなくて済みますから
一度考えてみるのもいいかもです。

スポンサードリンク

-ひな祭り
-