ゴロリの日記

日々気になることを調べて更新。

花粉症

花粉症はコンタクトが楽?目の病気の予防とケアについて

花粉症になってコンタクトを付けてみて
思っていたよりも楽なんだけど、なぜ?

コンタクトが目をラップのように覆ってくれているので
そのおかげで楽なのかも♪
なんて思ってしまいがちですが、目の病気には気を付けてくださいね。

花粉症シーズンの目の病気の予防とケアについてまとめました。

スポンサードリンク
  

花粉症はコンタクトが楽?

今日は、意外にも花粉が多いとの予報が出ていたのに
コンタクトを付けて外出したところ
いつもよりも楽に過ごすことができました。

このように思う人って実は、相当数います。
ハードコンタクトの人は、ほとんどの人が違和感が出て
つけてられないという人が多いと思うのですが
多いのは、ソフトレンズを付けている人たち

ソフトコンタクトレンズを付けていると
痛みなどの症状が現れにくくなるものもあるのですが
それって本当に危険です。

花粉症でコンタクトを付けていると出てくると言われる症状は
目がゴロゴロする
目のかゆみ
充血
コンタクトがずれやすい
レンズが曇る
これらの症状です。

その中でも、注意すべきは
●コンタクトがずれやすい場合
●レンズが曇る場合
この2点

花粉が多い時にコンタクトを使用していると
花粉が吸着して、目の中に停滞しやすい環境となります。
アレルギーがひどくなる可能性もありますし
感染症になる可能性もあります。

ただ、問題は花粉がひどくないときにはコンタクトレンズを使用している場合
メガネにかえると見た目が変わってしまうことに本当に違和感が出てしまいます。
ここが、コンタクトをやめることができないポイントとなります。

本来はやっぱり花粉症のシーズンはメガネがおすすめですが
どうしてもコンタクトで乗り切りたいという人のために
そんなときのための予防対策について話したいと思います。

花粉症なのにコンタクトをするときの予防対策

何度も言いますが、やっぱりメガネの方が花粉症ではリスクが少ないということ
これだけは言っておきます。

ただ、容姿が変わってしまうため
本当にどうしても受け入られれないという人がいると思いますので
その方々のために、書いておこうと思います。

まずは、最初にきれいなレンズを使用することがポイントとなります。
よく言われる1DAYのコンタクトが良いよと言われるのはこれが理由となります。

2WEEKを使っていますという場合には
このシーズンだけでも1DAYに切り替えることをおすすめします。
どうしてもできないという場合には、
こすり洗いはやめて、つけ置きタイプの洗浄剤に変更してください。

こすり洗いをしてしまうと、レンズに付着した花粉をつぶして広げてしまいます。
光に透かしてレンズを見てみるとわかると思いますが
無数のつぶつぶが付いていますよね。
それが花粉です。

そして、コンタクトを付ける時にはすすぎ液などを使ってから付けてください。
これだけでも、少しはマシになります。

くどいと言われると思いますが、再度書いておきますが
花粉症時期のコンタクトレンズは、できる限り避けた方が良いと思います。
ただ、どうしてもと言う方は、上記の方法で付けてみてください。

スポンサードリンク

花粉症による目のケア

花粉症による目のかゆみなど
もちろん、コンタクトレンズをしていたとしても同様ですが
これらの症状は、結局のところアレルギー性結膜炎です。

アレルギーと言うことで、もちろん花粉に対するというところがほとんどだとは思いますが
稀に、違う場合もありますので一度は眼科の受診をおすすめします。
そうすることによって、アレルギーの原因を理解することも可能となります。
理解できれば、予防も楽になると思います。

それでは、目のケアについてお話したいと思います。
かゆみなど炎症症状が特に強い時には、アイシング
少し冷たいタオルや保冷剤をハンカチなどで覆って当てるだけで少しマシになります。

花粉が多くて目がゴロゴロする場合には
目に入った花粉を洗い流すために人口涙液を使って目の洗浄

市販の目薬を使うならアレルギー用のものを選ぶと良いと思います。
ただし、眼科で受診して出してもらった目薬の方がGOODです。
理由は、市販のものの多く(全てではありません)は、防腐剤が入っています。
目の影響を考えれば、眼科の目薬の方が良いということです。

まとめ

おそらく、眼科に行っても同じようにおっしゃるお医者さんが多いと思います。
やっぱり、花粉症時期のコンタクトってよくありません。

この時期だけ、イメージチェンジをしてメガネでと簡単に割り切れるなら
目には、それが良いわけです。
メガネなら、花粉が目に入るのも少しは防いでくれますから

ただ、そうはいかないという人は
是非、参考にして目を大事にしてくださいね。

スポンサードリンク

-花粉症
-