ゴロリの日記

日々気になることを調べて更新。

母の日

母の日の由来は?カーネーションの意味と花言葉について

毎年5月の第2日曜日が母の日となっています。
今年は、何を贈ろうか?
なんて考えながら、ふと母の日の由来って?

このように思ったところから私も調べてみようと思いました。
そして、母の日によく贈り物になるカーネーションの意味と花言葉について
今回は、母の日についての豆知識となります。

スポンサードリンク
  

母の日の由来は?

母の日の由来ですが
一人の20世紀初頭にアメリカに住んでいた女性が主人公となります。
この女性の名前は、アンナ・ジャーヴィスさん

アンナさんのお母さんは、地域医療や衛生環境を良くしようと活動している女性でした。
当時は、南北戦争中ということもあり
南軍・北軍と分かれてアメリカは戦闘状態でありましたが
同時に腸チフスや麻疹と言った流行の病も多い時でした。
南軍だからとか北軍だからなどと言った分け隔てなく介抱し続け
戦争後もその活動を続けて1905年5月9日に亡くなってしまいました。

そんなお母さんを尊敬し愛していたアンナさんは
亡き母に教会の追悼式で白いカーネーションを捧げ
母親のための祝日をつくる運動に力を注ぎ
1914年に5月の第2日曜日を母の日にするということがアメリカで決まりました。

母の日は、アメリカから始まったということですが
日本で定着したのは、1947年と少し時代が過ぎてからとなります。
アメリカで決まってすぐに協会やキリスト教系の学校などでは母の日のお祝いがありましたが
広く普及されてはいませんでした。

母の日にカーネーションを贈るという習慣の発祥は
アンナさんが亡くなったお母さんに白いカーネーションを贈ったところからということです。

スポンサードリンク

母の日のカーネーションの意味

アンナさんが、白いカーネーションを贈った意味は
日本なら菊の花が多く贈られる印象がありますが
キリスト教信者の多いアメリカでは、故人の好きだった花を贈ります。
アンナのお母さんが、きっとカーネーションが好きだったのだと思います。

そして、一つの疑問がわいてきます。
『お母さんに送るカーネーションは赤のイメージ』
私だけなのかな?

この疑問に対しての回答は
アンナからの提案があってからということです。
亡くなった方には、白いカーネーション
生きている方には、赤いカーネーション

カーネーションを贈る意味ですが
これを紐解くには、カーネーションの花言葉についてもお話しする必要があります。

カーネーションの花言葉について

カーネーションは、そもそも古代ギリシアの時代から栽培されていたと言われています。
そんなカーネーションの花言葉は

『無垢で深い愛』

何となくですが、アンナがカーネーションを贈った意味が分かるような気がします。
人のために頑張ったお母さんだからとかいうわけでもなく
小さなころから、育ててくれたお母さんには多くの人が無垢で深い愛情を持っていると思います。
それを表すのがカーネーションということですね。

最近では、カーネーションのカラーバリエーションが豊富になっています。
それぞれに花言葉があるので、これを紹介しようと思います。

赤いカーネーション
『母への愛』

ピンクのカーネーション
『女性の愛』『熱愛』『美しいしぐさ』

白いカーネーション
『純粋な愛』『私の愛は生きています』

紫いろのカーネーション
『誇り』『気品』

これらは、母の日のプレゼントとしてもうれしい花言葉ですよね。
ただ、カーネーションの色によっては
母の日のプレゼントとして良くないものもあります。
あまり適さない色のカーネーションがここからです。

黄色いカーネーション
『軽蔑』

色的に言えば、黄色のカーネーションもきれいだとは思うのですが
花言葉を見てみると、ちょっと避けておきたい色ですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
母の日の由来から始まる豆知識ということでご紹介しました。

最近では、カーネーション以外の花や花以外のものをプレゼントする人も多いと思います。
中でも多いのが花でしたらアジサイだと思います。
ちなみにアジサイの花言葉は
『元気な女性』『辛抱強い愛情』『家族の結びつき』
これらに対しての感謝の気持ちとして贈るということですね。

お母さんからは、多くの人が愛情をもって育てられているのだと思います。
だからこそ、お母さんに愛情を注ぐ日を作ってほしいという
アンナさんの気持ちだったのかなぁなんて思う今回の記事でした。

スポンサードリンク

-母の日
-, ,