ゴロリの日記

日々気になることを調べて更新。

母の日

母の日のカーネーションを長持ちさせるには!育て方と植え替え方法

母の日にもらったカーネーションってなかなか長持ちしないイメージ
何となく、母の日用のカーネーションはその時限りと思っている人も多いようです。
切り花タイプのものと鉢植えされているものとありますが
母の日に出るもので多いのは、鉢植えされているものが多いので
今回は、鉢植えタイプのものに絞ってお話したいと思います。

育て方を知っていれば長持ちしますし
植え替えすれば、次にまた花も咲かせてくれるものです。

せっかくですから
今年貰ったカーネーションをしっかり育ててみませんか?

スポンサードリンク
  

母の日にもらったカーネーションを長持ちさせる方法

まずは、母の日当日にもらった時から
カーネーションを育て始めることで長持ちさせることができます。

逆に言えば、やらないと今年もまた
今まで通りに長持ちしないという結果になることもあります。

ステップ1

母の日に貰うカーネーションは、鉢植えタイプのものが多いと思いますが
本当にきれいにラッピングされている場合がほとんどです。
きれいなままで置いておきたい気持ちもわかりますが、風通しを良くするためにも
まず、ラッピングを外すようにしましょう。

ステップ2

購入したお店にもよるので
一般的に多いのは、水は最小限しか与えてないことがほとんどです。
鉢の土の状態を見て乾燥しきっているようであれば、お水をたっぷりと上げてください。

スポンサードリンク

カーネーションが鉢植えの場合の育て方

鉢植えのカーネーションを育てる場所

光を好む花なので日当りの良い所に置いてあげるようにしましょう。
光不足のサインは、花の色が変色したり、つぼみのまま咲かなかったりとなります。

育てる時には、ある程度寒い所でも大丈夫ですが
花が咲くと少なくても10度以上の温度が必要となります。

風通しが悪く蒸れた状態が続くことで根腐れを起こしやすいため
基本的には、屋外で育てた方が簡単ですが
屋内に置いておく場合には、風通しの良いところを選んであげてください。

鉢植えのカーネーションの水やりについて

土の表面が乾いて来たら水やりのタイミングです。
鉢の底から水が漏れるくらいの量あげるようにしてください。
この時の注意点は、花に水がかからないようにたっぷりと

カーネーションの花が咲き終わってから

咲き終わった花や葉は、できるだけはやくく摘み取るようにしてください。
そして茎も半部うくらいの高さで切り戻します。
株からの栄養が、不要なところにまで取られるため
株の力が弱まり次の花を咲かすことができない状態になってしまいます。

カーネーションが鉢植えの場合の植え替え方法

上手く育てれば秋には、もう一度花を咲かせてくれます。
その秋のカーネーションが散ってしまってから
植え替えをするのがタイミング的には良いと思います。

カーネーションが育ってくると根が増えて鉢には収まらない状態になったり
土も長くなってくると水が浸み込みにくくなってくるものです。
そういう状態になってきた場合には、植え替えのタイミングとなります。
こちらの方が早いこともあります。

植え替える場合には、一回り大きい鉢もしくは、風通しの良いお庭に置いてあげます。

まとめ

カーネーションを長持ちさせる方法として今回の記事にしました。
私自身も、母に毎年カーネーションを贈るようにしていますが
いつの頃からか実家のお庭にカーネーションが咲いているのを見かけるようになりました。

兄弟はいますが、今は子供たちはみんな実家に住んでいません。
生き物を育てたり、草木を育てるという趣味を持つことで
いつまでも元気でいられるのではないかと思っています。

この記事はカーネーションをもらったお母さんにも見てもらいたいですし
プレゼントする側の子供さんにも見てもらってお母さんに伝えてもらいたい記事です。
お母さんに、日ごろの感謝の気持ちを伝えて
これからも、元気でいてもらうために植物を育てることも良いのだろうと思っています。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

-母の日
-,