ゴロリのステキな日々

私ゴロリの気になったことや知りたいことを調査して更新!

梅雨

梅雨時期の頭痛の原因は?血管がどくどくする時の対処法と気圧を調べる方法

2017/02/25

梅雨時期になると増えてくるのが頭痛ですね。
血管のどくどくと拍動と共にズキンズキンと痛むのが特徴的
今回は、その対処法と予防法について

もう少し期間が開いてくれればいいのにと思うものの
感覚を開けずに雨や曇り空と共にやってくる頭痛対策となります。
まずは、なぜ頭痛が起きやすくなっているのか?
未然に予防するにはどうしたら良いのか?についてご覧ください。

スポンサードリンク
  

梅雨時期の頭痛の原因は?

梅雨時期に多くなる頭痛の原因は、ズバリ気圧が低くなるためです。

ですから、梅雨に限らず秋雨の時期
そして天気の悪い時などには、そういえば頭痛が来ますよね。

それでは、どうして気圧が低くなると頭痛がやってくるのか?
ココがポイントとなるのですが
気圧が低くなることで体内の圧力が高まった状態になってしまうため
血管が太くなりどくどくと言う拍動と共に神経を刺激することで痛みが出ます。

頭痛と一緒に肩こりもついてくると言うこともあると思いますが
こちらも原因は同じです。
心臓が血液を送るポンプの役割をしていますが
いつもと同じ力で心臓が血液を送り出した時に細い血管と太い血管では
どちらが勢いよく遠くまで血液を届けることができるか?

このように質問すると分かりやすいかもしれませんね。
答えは、当然細い血管です。
お庭に水撒きをする時や洗車するときのホースをイメージすると分かりやすいと思います。

同じ力で水を出しているはずなのに
水の出口を細くしてやることで、勢いよく出てきますし
出口を太くしてやると勢いは弱まりますよね。

ということで、話を戻しますが
大気圧が低くなることで、血管の拍動が神経を刺激して出てくる症状が頭痛
大気圧が同じく低くなることで、血流が悪くなって出てくる症状が肩こり
このようになっています。

頭痛で血管がどくどくする時の対処法

原因がわかれば、どうすれば良いかわかりますよね。
気圧が低くなって、血管が神経を刺激するから
どくどくと言う心臓のポンプ動作に連動して頭痛が出てきます。

対処法を簡単に言ってしまえば・・・
●部屋の気圧を高くする
●血管を細くする
これらが出てきますが、正直どちらも難しいですよね。

私もそうですが、頭痛が来るなというのが体の感覚でわかるという人って多いですよね。
まず、その感覚が来た時に対処法を試してみるのがおすすめです。
完全に痛みが出て、心臓の拍動と共にズキズキ痛みが出ている時よりも
頭痛が来るな!このように感じた時に対処法を行うことで未然に防ぐこともできます。

対処法1 横になる

これができる環境なら問題ないのですが・・・無理という場合も多々ありますよね。
ただ、できることならまず横になることです。

ポイント
目からの刺激が、痛みを増幅させるため明るい場所よりも暗い場所で
アイマスク等があれば便利かもしれませんね。

対処2 目を休ませる

対処1の横になるでも書きましたが、目の刺激が痛みを増幅させます。
座った状態でも良いので、一時的に目を閉じて目を休ませることで
症状を緩和させることができます。

対処3 カフェインが効果的

コーヒーや緑茶に含まれると言われるカフェインですが
血管を収縮させる効果があります。
気圧によって通常よりも拡張している血管を収縮させることで
頭痛の症状も緩和させることができます。

対処4 頭を冷やす

血管を冷やすことで拡張を取ることができます。
氷嚢や冷却ジェルで冷やすことで少しでもマシになります。

熱が出た時におでこを冷やしたりしますが
頭痛の場合には、血管を冷やすことが目的なので
頭に上がる血管を冷やすという意味で『首筋』を冷やすと効果的です。

※ただ寒い時期には、難しいかもしれません。

対処5 頭痛薬を飲む

これが最後の対処法となりますが、頭痛薬を飲むということになります。
人によって効きやすい薬と、そうでない薬があるので
ここは、ご自身の体との相談になります。

※頭痛薬は胃に負担をかけるものがあるため
胃薬も一緒に飲んでおくことをおすすめします。

スポンサードリンク

気圧を調べるには?

対処法について前項にて解説しましたが
これらの対処法は、頭痛が起こってしまってからよりも
頭痛が起こりそうだと思った時の方が効果が高くなります。

どうしても、頭痛が起こってもらってはダメだという時があると思います。
そんな時には、始めから頭痛薬を飲むというのも方法の一つです。

では、自分で頭痛が来そうだと気づくことがポイントとなるのですが
これって実は、気圧の変化に気をつければある程度分かってくるものです。
ということで、気圧を調べる方法をご紹介します。

便利なのは、やっぱりスマホアプリです。
おすすめアプリは『頭痛ーる』です。

iPhone
頭痛ーる:気圧予報で体調管理 - 気象病・天気痛対策アプリ

Android
頭痛ーる:気圧予報で体調管理 - 気象病・天気痛対策アプリ

こちらからダウンロードすることができます。

『頭痛ーる』の機能
●頭痛の予測 気圧グラフとプッシュ通知で頭痛の予測を知らせてくれます。
●全国マップ 全国主要都市の天気予報と気圧予報をチェックすることができます。
●痛み&くすり記録 痛みの発生とくすりの服用を記録しすることができます。
●痛みノート 記録一覧表示で自分の頭痛の傾向を見直すことができます。
●気圧と症状の関係 頭痛以外にもぜんそく・神経痛・関節痛・腰痛・メニエール病・
          線維筋痛症・鬱病・低血圧・自律神経失調症・心血管疾患・術後胃等
          これらについて記録することができます。

気圧だけなら調べることができるというアプリはいくつかありますが
記録を取ることができて自分の頭痛と気圧との関係を
見て分かる形にできるということで、
これからの頭痛との付き合い方を見直すきっかけにすることができます。

まとめ

梅雨時期の頭痛についていかがでしたか?
私も、気圧の変化で頭痛が起こったり肩こりが起こったりあるわけですが
気圧の変化を見ながら対処法を使っていくことで楽になってきました。

どうしてもなってしまう頭痛ですから
何とかこれからもうまく付き合っていくしかないですから
上手な付き合っていかなくてはと思っています。

これを読んで何か参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

-梅雨
-, , , , , , ,