ゴロリのステキな日々

私ゴロリの気になったことや知りたいことを調査して更新!

結婚式

ジューンブライドの由来は?ヨーロッパで6月の結婚式が多い理由

今回はジューンブライドの由来についてです。
そもそも、日本語で言えば『6月の花嫁』
そしてその6月の花嫁は幸せになれると言われています。

日本で6月で何が連想されますか?
このように聞けば、まず第一に上がるのが『梅雨』ですよね。
そう雨の時期に重なるわけです。

その雨の時期に結婚した花嫁が幸せになれるなんて・・・
ブライダル業界の陰謀としか思えませんよね。
さてさて、なぜに6月の花嫁が幸せになれるのでしょうか?
実は、ヨーロッパで6月に結婚式が多いことに関係していました。
この辺りについて、お話したいと思います。

スポンサードリンク
  

ジューンブライドの由来について

そもそもジューンブライドの由来って何?どこから来たの??

このように思う人も多いのではないでしょうか。
自分の結婚式を思い描いた時には、やっぱり雨よりは晴れてる方が良いですよね。
しかしながらジューンブライドって言われ
6月に結婚した花嫁は幸せになれる!このように言われるわけです。

雨降って地固まるなんてことも言われていて
実は、雨の結婚式も良いものですよとか言われても
それでも、やっぱり晴れの方が良い!

それなのに業界は、ジューンブライドなんて言葉を広めて
どういういきさつなのか?
ここには、やっぱりブライダル業界の思惑が隠れていました。

日本の6月と言えば『梅雨』と呼ばれる雨期に入ります。

そんな6月のブライダル業界は、昔は予想通り少なかったんだとか。
私が、結婚式の日付を決めようと思っても
やっぱり雨の降りそうな6月は避けると思いますから当然と言えば当然ですよね。

お客さんが少なくなってしまうなら困ってしまうのがブライダル業界でして
そんな時に、ホテルオークラでヨーロッパで広がっている
ジューンブライド(6月の花嫁は幸せになる)ということを掲げるようになったようです。

そこから全国各地に広がっていったということです。

スポンサードリンク

ヨーロッパで6月の結婚式が多い理由

ヨーロッパでは、6月に結婚式が多いようです。

その理由ですが、3つの説があると言われていますが
私は、3つそれぞれが全て重なっての結果ではないかと思っています。

1つ目の理由 ヨーロッパの6月はお天気が良い

先ほどにも言いましたが、せっかく結婚式をするなら
私なら、お天気の良い可能性が高い季節にすると思います。

2つ目の理由 農家の忙しい時期と重なり6月の結婚が禁止されていた

以前のヨーロッパでは、3~5月の間は農家が忙しい時期ということもあり
結婚すること自体が禁止されていました。
その忙しい期間を外して6月の結婚が多くなった。

3つ目の理由 ローマ神話の女神Junoによる影響

ギリシャ神話に出てくる神様であるゼウス
その正妻であるのが、女神ヘラです。

このギリシャ神話ですがローマ神話では、神様がユーピテル
女神がJuno(ユーノー)

その女神Junoは、良い家庭を作るための努力をした神様ということもあり
結婚生活の守護神と言われるようになった理由です。
そして6月に祭られる女神が、この女神Juno

6月は英語でJuneですが、女神Junoの派生してできた言葉だと言われています。
ですからジューンブライドは、女神Junoに見守られるから幸せになれると言い伝えられています。

これら3つの理由を見て、どれも理由になりそうな気がしますよね。
よく言われるのは、説としてこれらがあると言われていますが
私は、何となくですが全てが理由になってジューンブライドが生まれたのでは?
このように思っています。

まとめ

ジューンブライドの由来わかりましたか?
結局のところ、日本でブライダル業界を盛り上げるため
ヨーロッパの神話や風習を拝借したといったところでしょうか?

私は、結婚をしていますが
ジューンブライドと言われていましたが、やっぱり晴れが良いから時期をずらしましたが
こういう話を素直に聞いて6月に結婚するという人も素敵だと思っています。

あなたは、6月に結婚しますか?
それとも、時期をずらしますか?

スポンサードリンク

-結婚式
-, , , ,