ゴロリのステキな日々

私ゴロリの気になったことや知りたいことを調査して更新!

季節

寝る時に足が冷える|就寝時に足を温める方法と湯たんぽの使い方

冬場になると寝る時に足が冷えるから靴下を履いて眠りについたものの
何だか疲れが取れない・・・
調べてみると靴下を履いて寝ると体に悪いという情報もあります。

何も対策をせずに寝る時に足が冷たくてなかなか寝付けずに次の日に影響したり
結局のところどうしたら良いの?
このようにに思っている人もいることと思います。

就寝時に足を温める方法と湯たんぽの使い方を合わせて乗り切りませんか?

スポンサードリンク
  

寝る時に足が冷える原因

小さいころから寝る時には、足が冷えてましたという人は少数派
こういう悩みが出る人のほとんどは
ここ何年かで寝るときに足が冷えてしまうという状況に遭遇しています。
もしかしたら、去年まではこんなことなかったのに・・・という人もいるでしょう。

私も足が冷えると感じだしたのは、去年くらいからです。
寒い時期だけでなく、クーラーが効いた部屋でもあるので
夏場に足の冷たさを感じる人も多いのではないでしょうか。

足が冷たくなる理由ですが
まず体を暖かくしてくれるのは、暖かい血液が体中を循環してくれているから
足が冷たくなるのは、そのポンプの役割をしている心臓から一番遠いこと
そして、寝ている状態の時には特に活動している状態の時と比べて
ポンプ機能が省エネモードになることも影響しています。

さらに、足は汗をかきやすく
汗が気化することにより足の体温を奪っていくことも1つの原因となっています。

理屈はわかるけれども
結局のところどうすればいいの?
このようになってしまうと思うので更に突っ込んでみます。

特に寒い時期には、運動が少なくなることで足の筋力の低下
足のむくみが出たり
寒いから靴下を重ねてみたり
これらも血流を低下させる原因となります。

日頃気を付けておきたいことは
●少しでも動いて運動をすること
●重ね着をする時にも、できるだけゆったりとした服装を心がけること
●血流をよくする食べ物を食べること
生姜・ニンニク・ゴマ・ニンジン・カボチャ・ゴボウ
山芋・レンコン・魚の赤身・リンゴ・プルーン

夜寝る前に生姜湯を飲むのもおすすめです。

就寝時に足を温める方法と工夫

就寝前に行える工夫

  • 就寝前にお風呂に入る(足湯だけでも効果あり)
  • 就寝前に体を温めるものを飲む
    (生姜湯・とろみのある葛湯や甘酒)
  • 就寝前に足の指を1本ずつマッサージ

これだけでも随分と違いますよ。

就寝時に足を温める方法

スポンサードリンク
  • 足の指でグーパーを交互に繰り返す
  • レッグウォーマーを履く
  • 就寝時に脱げてしまうくらい緩めの靴下を履く
  • 湯たんぽを使う

就寝時に足が冷たいと本当になかなか眠ることができず
次の日に疲れが影響したりするものです。
上記の方法をいくつか組み合わせるだけで
本当に楽になると思うので是非お試しください。

湯たんぽの使い方については
もう少し詳しく解説していきたいと思います。

湯たんぽの使い方

ポイント1 お湯の温度

湯たんぽに入れるお湯の温度ですが
湯たんぽの材質によって少し違ってきます。

ポリ湯たんぽ80度程度
ゴム湯たんぽ70度程度

熱々を入れたいところですが、材質を痛めてしまったり
あまりに温度が高いと低温やけどになる可能性も高くなるので
注意しておきましょう。

ポイント2 しっかりカバー

カバーなしで使うという人はいないだろうと思いますが
付属のカバーを付けると熱すぎるという場合には
タオルを何重かに重ねるといった工夫も必要です。

低温やけどにならないようにと言うのもありますし
冷めてしまった湯たんぽで、足を冷やさないようにと言うところもあります。

ポイント3 布団の中を温める

就寝前に湯たんぽを布団の中に入れて布団を温めておきましょう。
いれる場所ですが、足付近にと考える人が多いのですが
お尻の近くになる位置を温めておくと良いですよ。

以前、高熱が出て入院したことがあるのですが
その時に、鼠径部を氷で冷やしてもらっていました。
お尻近くの鼠径部を冷やすことで、その先に流れる血液の温度を調節するためです。

熱が出た時の逆バージョンと言うことですね。

ポイント4 まずはお腹から

就寝時には、まずは抱えるようにお腹あたりを温めると寝付きやすくなります。
抱いたまま寝てしまうと、低温やけどになる可能性があるので
少しずつ温まってきたら汗をかく前に、下に下にとずらしていきましょう。

足先までずらしたら、足を湯たんぽにつけておかなくても
暖かい状態になっていることと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今思い出したのですが、そういえば若いころに祖父の家に遊びに行ったとき
夏にもかかわらず、電気あんかを足元に置いていたのを思い出しました。

あの頃は、何でそんなに足が冷えるんだろう?
なんて本当に不思議に思っていましたが
少し自分が年を重ねてみると同じような症状って出てくるものですね。

体の作りが近いからなのかもしれませんが
足が冷える症状というのは、血流に関係するということを考えると
何となくですが、納得できるところではあります。

疲れを次の日に持ち越さないように
足の冷たさに邪魔されず、ゆっくりと眠れるようになると良いですね。

スポンサードリンク

-季節
-