ゴロリのステキな日々

私ゴロリの気になったことや知りたいことを調査して更新!

季節

背中が寒いから眠れない|原因と対策

2016/11/17

背中が寒くてゾクゾクする。
寒い時期やクーラーが効きすぎた部屋あとは風邪の初期症状として
このような症状が出てきますね。

もちろん風邪の場合には、風邪が治るとその症状もおさまるわけです。
風邪かどうかの見分け方は、2~3日様子を見るということになってしまいますが
背中が寒いから眠れないという悩みに対する対策は同じです。

原因を知って対策して安眠を取り戻しましょう。

スポンサードリンク
  

背中が寒いから眠れない

背中が寒いから眠れないという人は結構な数いることと思います。
日常的にそうなっている場合と、一時的にそうなっている場合があり
風邪の症状の場合には、一時的となっているため
風邪の症状が治まると背中が寒いということもなくなります。

通気性の良いベッドで寝ている場合
二つ折りにできるタイプのベッドであったり
通常のベッドでもマットは通気性の良いものを使っている場合が多く
背中がスースーと温まりにくく寒くなってしまう傾向にあります。

引越しをしてからとか
ベッドを変えてから
背中が寒いから眠れなくなったという場合には
自分の寝ている環境をもう一度確認するのもいいかもしれませんね。

背中が寒い原因

風邪の場合

全身の体温が上がろうとしている時に
特に感じやすいのがこの『背中が寒い』という症状になります。

つまり、体は自分の体を温めようとしているってことですね。

ですから、体温が上がってしまうとゾクゾク背中が寒いということは
なくなることと思います。

風邪ではない場合

特に上半身の血行不良が原因となります。
足元の冷えは、さほどでもないのに
背中が寒いと感じる人は、
併発症状として背中のハリや肩こりがあることもしばしば

ですから、寒いから靴下を履いて寝る対策などは
ちょっと的外れなところがあります。

足元も寒くてたまらないというとき以外は
まず上半身の血流を意識して対策することです。

スポンサードリンク

背中が寒い時の対策

背中が寒い時の対策としていくつか紹介します。

就寝前にしておくこと

ポイント1 お風呂は寝る前に

体を暖かくするためには、お風呂につかることがポイントとなります。
熱すぎるとのぼせてしまうので、のぼせないくらいの温度のお湯に
体が暖かくなると実感でき、ポカポカするくらいまでつかりましょう。

ポイント2 布団を温めておく

布団に入ったときに冷たいと、せっかく温まっている体から
体温を奪われて背中が寒くなってしまう原因ともなります。

・布団乾燥機で暖めておくと布団も湿度が減りますし暖かくもなるのでGOOD
・湯たんぽを布団の中に入れて30分くらい温めておく
・電気毛布も方法としてはありですが、
 電気毛布だと肩が凝ってしまうという人が多いため場合によって使う

ポイント3 就寝前に生姜湯

熱めのお湯にはちみつと生姜をすりおろしたものを入れて飲むと
体の中から暖かくすることができます。

生姜湯の配分
お湯100cc
はちみつ スプーン1杯
すりおろした生姜 スプーン1杯

就寝時

ポイント4 ゆるゆるネックウォーマー

首は、寝る時に外気と触れる場所ということで
ここを温めておくことで頭部に流れて帰ってくる血流を
少しでも暖かい状態で体幹部に戻すことができます。

思っていたよりも効果はあるのですが
何分、ごわつきがつらいという人が多いこと
息苦しく感じる人も多いということで
問題ないという人は良いのですが、つらい人には難しいかもしれません。

ポイント4 肩までしっかりと布団に

ここは、手の血流を考えて
肩までしっかりと布団に入っておくことです。
肩こりの改善にも良かったりしますので、お試しあれ

まとめ

寒い時期だけでなく
旦那さんは、暑がりだから夏はクーラーが効いてて・・・
なんて人にも効果のある方法だったりします。
もちろん、風邪の引きはじめと言う人にも

なかなか眠れない睡眠障害にこのシーズンなる人が多いようで
次の日に疲れを持ち越さないためにも
色々と考えて対策したいところですね。

今シーズン、しっかりと睡眠がとれますように

スポンサードリンク

-季節
-