ゴロリのステキな日々

私ゴロリの気になったことや知りたいことを調査して更新!

季節

体を温める食材は?料理と生姜で温まる飲み物について

寒い時期になると、体の中から温まりたいものですね。
体質改善とでもいうのでしょうか
食生活を少し変えるだけで、少しずつ気にしたいものです。

今回は、体を温める食材とその料理について
生姜で温まる飲み物は?
ということでお届けしたいと思います。

スポンサードリンク
  

体を温める食材について

体を温める食材で有名なものは、やっぱり生姜が代表ではないでしょうか。
食べて体がポカポカなる感じは、生姜に勝るものはないように思います。

後は、辛い唐辛子
こちらは、ポカポカを通り越して汗が出てくるほどですが
汗が出た後で引くことを考えるとやっぱり生姜が良いのかなぁと思います。

まず代表的なことろから大きな項目に分けてみます。
・カルシウムが豊富な海藻類
・味噌や醤油などの発酵食品
・イモ類や漬物類
・根野菜

ただ、大きく分けすぎて何が何だかわからないと思うので

穀類

もち米・黒米・小豆・黒豆

野菜・きのこ類

カブ・カボチャ・からし菜・アスパラガス・小松菜
サツマイモ・シソの葉・ジャガイモ・玉ねぎ・ニラ・ニンジン
ネギ・パセリ・ピーマン・山芋・らっきょ・レンコン

果物やナッツ類

あんず・杏仁・オレンジ・銀杏・栗・クルミ・ゴマ
サクランボ・ザクロ・ナツメ・松の実・ライチ

肉・卵類

鶏肉・鶏レバー・豚レバー
羊肉・鹿肉・牛の骨や髄

水産物

アナゴ・イワシ・エビ・干しエビ・カツオ・鮭
ちりめんじゃこ・明太子

香辛料

生姜・コショウ・山椒・酒・天然の塩・唐辛子
豆板醤・シナモン・ニンニク・八角・わさび
味噌・醤油

油脂類

大豆油・ピーナッツ油・ヒマワリ油

などなど
少しずつ大目に摂取できるようにするには
料理をするときに、これらの食材を意識的に使うことです。

体を温める料理

シチューやグラタン

体を温める野菜を使ってみましょう。
ジャガイモ・玉ねぎ・ニラ・ニンジン

スポンサードリンク

うどんやそばを食べるなら

ネギ・唐辛子

お味噌汁

ネギ・唐辛子・ちりめんじゃこ
すりおろしたニンニクを入れるのもおいしいですよ。

お鍋

お鍋には、本当に色々なものが入れることができます。
いろんな食材を組み合わせて
冷えにくく体を温める料理でこの時期を乗り越えましょう。

生姜で温まる飲み物は?

体を温めてから熟睡したいとき
とても寒いところから家に帰ってきたとき
クーラーが効きすぎているところで
いろんな場面で生姜が活躍しますが
いつも同じ生姜湯では、ちょっと飽きてしまうという人のために
簡単にできる生姜の飲み物を紹介します。

オーソドックスに生姜湯

お湯 100cc
生姜 スプーン1杯
はちみつ スプーン1杯

生姜緑茶

お湯 150cc
緑茶のティーバッグ 1
すりおろした生姜  スプーン1杯弱

生姜紅茶

お湯 200cc
紅茶のティーバッグ 1
すりおろした生姜  スプーン1杯弱

生姜ココア

通常のココア 200cc
すりおろした生姜  スプーン1杯弱

ココアは、ポリフェノールやテオブロミンなど
血流をよくする効果もあると言われダブル効果となり
ポカポカしてきますよ。

すりおろした生姜は、スプーン1杯弱くらいが丁度いいみたいですが
子供や嫁さんなんかは、ちょっと辛すぎるということもあるので
少し少なめから試してもいいかもしれません。

もう少しほしいなと思えば、大目にもできますし
ご自身の良い感じの量を探してみましょう。

まとめ

体の中から暖かくを考えて今回はこのテーマにしました。
最後は、外から帰ったときやちょっと一息つきたいとき
そして、寝る前などに生姜を使った飲み物で
体を温めておくと良いですね。

この寒い時期を、体の中から暖かくして乗り切りましょうね。

スポンサードリンク

-季節
-