ゴロリの日記

日々気になることを調べて更新。

健康

インフルエンザ予防接種の副作用で腕の腫れ|対処法とリンパ腺について

インフルエンザの予防接種で腕が腫れてきたのですがこれって大丈夫?
心配ですよね。
腫れるだけでなく痛みが伴ったりかゆみがあったり
極めつけにリンパ腺まで張りたりして・・・
注意することと対処法についてもまとめました。

スポンサードリンク
  

インフルエンザ予防接種の副作用で腕の腫れ

インフルエンザの予防接種後
早い場合だとその晩には腫れることもあります。
筋肉痛のような痛みがあったり、かゆみを伴ったり
全くそういう症状が出たことがないという人もいるので
初めてこんな症状が出たという場合に特にビックリします。

この副作用(本来は副反応と言います)の原因ですが
体の中でインフルエンザの抗体を作っている状態で
軽い炎症を起こしたような状態とのこと

だから、痛みやかゆみが一緒に出たりするわけで
通常の場合には心配いりません。
3日くらいで腕の腫れは引いてくるものですが
1週間くらい続くという人もいます。

注意することとしては
痛みやかゆみを伴っている時に
注射をしたところを触ったり掻いたりすること

この時に菌などが、針を刺したところから侵入するようなことがあれば
ひどくなってしまう場合もあるので気を付けてください。

どうしても触ってしまいそうなときなどは
カットバン等で触れない状態を作っておくことも大切なことです。

インフルエンザ予防接種の副作用 腕が腫れた時の対処法

予防接種後の副作用で腕が腫れかゆみや痛みがあるときの対処法としては
『冷やす』これが一番です。

スポンサードリンク

かゆみの場合には、引っ掻いてしまうと
針を刺した部分から菌が入って炎症がひどくなる場合があるので
寒い時期ですが患部に氷をビニールに入れて
少し当ててあげることで楽になります。

痛みがある場合には、湿布薬や冷却シートを使って冷やしてあげることで
こちらも同様に楽になります。

後は、時間経過とともに楽になってくると思います。
痛みの症状があった人も
途中からかゆみに変わってくる場合もあります。
その場合にも同様に冷やすことで多少楽になると思います。

インフルエンザの予防接種の副作用 リンパ腺

予防接種後、腕の腫れ・痛み・かゆみと併発して
脇のリンパ腺が腫れる場合があります。
これは、症状がある部分で自分の抗体を作っている証として
腕を動かすときに突っ張ったりと違和感が出ますが
症状とともに落ち着いてくるものです。

ただ、何でと思うところもあるのですが
腕の症状がなくなってからリンパが腫れるという場合があります。
これも、時間とともに落ち着いてきますので
あまり心配せずにいてもいいでしょう。

ただ、1週間以上続く場合には、
他の原因も考えられますので
医療機関を受診することも必要だと思います。

まとめ

私も経験がありますが
この腕の腫れや痛み・かゆみがインフルエンザの予防接種で
一番多い副作用だと思います。

通常の場合には1週間も続く人の方が少ないくらいですが
あまり腫れているところが広範囲になったり
長期間続くようであれば、病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

-健康
-